2017/10/27 iPhoneのバッテリー寿命をチェックする方法

バッテリーの状態を示す「フル充電サイクル」
PhoneやMacなどのApple製品は、バッテリーの「フル充電サイクル」の数字によって、状態を把握することができます。

Appleは各製品のバッテリー寿命の目安を公開
Appleは、製品ごとに目安となるフル充電サイクルを何回繰り返した時に、本来の容量の最大何%を維持できる設計がされているかを公開しています。
•iPhone:フル充電サイクルを500回繰り返した時に本来の容量の最大80%
•iPad:フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に本来の容量の最大80%
•iPod:フル充電サイクルを400回繰り返した時に本来の容量の最大80%
•MacBook:フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に本来の容量の最大80%
Macの場合は、システムレポートの電源メニューから簡単に充放電回数を見ることができますが、iOSデバイス単体ではフル充電サイクルを把握することができません。

Macなら無料アプリで簡単にチェック可能
Macユーザーは、シンプルな操作のフリーアプリ「coconut Battery」をダウンロード&インストールし、LightningケーブルでiOSデバイスと接続すると、「iOS Device」タブにiPhoneのバッテリー状態が表示されます。

Windowsユーザーは試用版ソフトでチェック可能
WIndowsユーザーは、以下の手順で「iBackupBot」の試用版を使ってiPhoneのバッテリー状態をチェックできます。iBackupBotには、Mac版もあります。
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__1236995

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です