2017/6/05 米顧客満足度、大画面モデルを抑え4インチiPhone SEが1位に

近年発売のスマートフォンのディスプレイは大画面化傾向にありますが、このほど発表されたアメリカにおける顧客満足度調査のスマートフォン部門で、AppleのiPhone SEがもっとも高いスコアを獲得したことがわかりました。

スマホの平均顧客満足度スコアは4年間変化なし
2017年度のAmerican Customer Satisfaction Index (ACSI)は、2016年5月17日から2017年4月25日にかけて、アメリカに住む36,194人を対象に実施、まとめられたものです。
ACSIによると、スマートフォン部門の平均顧客満足度スコアは79で、この4年間変化していません。
ブランド別に見ると、1位は前年に引き続きAppleで81(スコアも変動なし)、SamsungとMicrosoft Mobile (Nokia)が80で2位に並んでいます。SamsungはGalaxy Note 7の発火問題にも関わらずスコアは昨年と変化なく、Microsoft Mobileは前年比8ポイント増となりました。4位は前年比1ポイント増のHTCと、同1ポイント減のMotorola(どちらも76)でした。

iPhone SEが顧客満足度トップに
興味深いのは、近年のディスプレイ大型化にも関わらず、4インチディスプレイを搭載したiPhone SEが他社の大画面搭載モデルを抑え、顧客満足度1位に輝いたことです。iPhone SEのスコアは87でした。
次いでSamsung Galaxy S6 edge+とiPhone7 Plusがともにスコア86を獲得して2位、Galaxy S6 edgeが85で4位となっています。

地道に売上伸ばすiPhone SE
iPhone SEは発売当初こそ爆発的な売上とはなりませんでしたが、他のモデルと比べ比較的安価なこと、また根強い4インチディスプレイファンがいることから、着実に売上を伸ばしています。
そうした状況を受けてか、Appleは今年3月、iPhone SEの容量を、それまでの16GBと64GBから32GBと128GBへと変更しました。
また5月から、発売当初よりiPhone SEのターゲット地域のひとつと見られてきたインドでiPhone SEの組立を開始しました。月内にはインド国内向けに出荷開始すると見られています。

Source:ACSI

[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

S__21962762

2017/6/02 Apple、将来のiPhoneに向け次世代通信規格「5G」の実験を開始!

Appleが、次世代高速モバイル通信規格である5Gの実用化に向けた研究を進めていることが、米連邦通信委員会(FCC)に提出した申請書から明らかになった、と米メディアBusiness Insiderが報じています。

Appleから米FCCへの申請内容が明らかに
Appleが現地時間5月23日、「ミリ波」と呼ばれる高周波数帯を使った5G通信実験の許可をFCCに申請していたことが、FCCの公開した資料で明らかになりました。
実験に使用される周波数帯である28GHzと39GHz帯は、FCCが昨年、5G通信の商業用利用を向けに許可した周波数帯と一致しています。
通信は、Appleの本社のあるクパチーノと、近郊のミルピタスの施設で行う計画で、実験の実施期間は「12カ月を超えない範囲」とされています。
米メディア9to5Macは、研究から製造までの期間を考慮すると実験期間が短いことから、Appleが今年中に5G対応製品を出荷する意図はなく、単なる技術的検証が目的だろう、とみています。
Appleの申請書には、通信実験の目的について「将来、5Gワイヤレスネットワーク上でのデバイスの動作に関する技術的情報の取得」と記されています。

自動運転を支える技術としても期待の5G通信
下り通信速度が最大5Gbpsの超高速通信が利用可能となる5Gネットワークは、スマートフォンだけでなく、Appleが公道での実験を進める自動運転において、カメラやセンサーが取得する大量のデータを瞬時に処理する技術の基盤としても期待されています。
次世代のモバイル通信である5Gネットワークの実用化に向けて、ソフトバンク、ドコモ、KDDIといった日本の大手各社ほか、アメリカなど世界の主要キャリアも、2020年頃の一般向け実用化を目指して研究を進めています。
また、iPhoneに搭載されているLTEモデムのサプライヤーであるIntelやQualcommも、5G対応モデムチップを2017年から2018年にかけて出荷する計画を明らかにしています。
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21954588

2017/5/31 Appleのショッピングローンが期間延長、24回払いまで金利0%

Appleは、Apple Storeで購入の際に利用できるショッピングローンのキャンペーン期間を延長し、12回払いまでとしていた金利0%対象を24回払いまでと変更しています。

キャンペーン期間は2017年6月29日まで
Appleのショッピングローン分割払い金利0%キャンペーンでは、AppleオンラインストアまたはApple Store実店舗にて税込み合計3万円以上購入の際、ショッピングローンを利用する場合、指定回数までの分割払いを金利0%で利用できます。ローンには審査があります。
4月に実施されていた本キャンペーンは、12回払いまでが金利0%の対象でしたが、2017年6月29日まで実施される今回のキャンペーンでは、24回払いまで金利0%で利用できます。

このキャンペーンを利用した場合、24回払いの月額は以下のようになります。一括で購入するには安くない買い物ですが、分割購入なら手が届きやすいのではないでしょうか。

iPhone7
32GBモデル 月々3,200円
128GBモデル 月々3,700円
256GBモデル 月々4,200円

iPhone7 Plus
32GBモデル 月々3,800円
128GBモデル 月々4,300円
256GBモデル 月々4,800円

Apple Watch Series 2
38mmケース 月々1,700円~
42mmケース 月々1,800円~

MacBook Pro
13インチ 月々5,700円~
15インチ 月々8,900円~

Source:Apple
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21929999

2017/5/29 Apple、MacBookシリーズが好調な伸び―新モデル登場でさらに加速か

iPadの売り上げは芳しくない状況が続く一方で、2017年第1四半期(1〜3月)におけるMacBookシリーズの売り上げは、前年同期比で15.4%の伸びを記録しました。

前期比では減少するも、シェアはキープ
調査会社TrendForceの調べによれば、2017年第1四半期のノートブック市場において、Appleは9.0%のシェアを獲得し、シェア順位でHewlett-Packard、Lenovo、Dell、ASUSに続く5位となりました。
上位4社が軒並み前期比(2016年第4四半期比)でシェアを減少させるなか、Appleが9.0%を維持したことは注目に値します。

ただし、前期比(2016年第4四半期)との比較でみると、出荷台数は15.8%減少しています。
これについては、Apple以外の企業も揃って減少していることから、同社単体の問題ではなく、市場の季節的な要因に左右された可能性が高いでしょう(市場全体で15.6%の減少)。
事実、2016年第1四半期でも、Appleは2015年第4四半期と比較して40.4%の大幅減少を記録しています(市場全体で19.0%の減少)。

前年同期比では大幅増!新MacBookでさらに加速か
また、前年同期比で出荷台数が15.4%増という伸びを記録した理由は、昨年登場したTouch Bar搭載のMacBook Proが消費者の間で好意的に受け止められたところが大きいようです。
TrendForceは、2017年第2四半期(4〜6月)についても、新チップ(Kaby Lake)を搭載した12インチMacBookの登場などによって、前期比で10%ほどの伸びを見せるのではないか、とみています。

この新MacBookについては、6月に開催が予定されているWWDCで、MacBook Proとともにリリースされるのではないか、とされています。
なおニュースサイトMacRumorsは、MacBookシリーズからのフェードアウトも噂されるMacBook Airについても、Appleがリリースを検討していると考えているようです。

Source:MacRumors
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21913603

2017/5/26 iPhone8のTouch ID、ディスプレイか電源ボタンに搭載?

iPhone8での指紋認証センサーTouch IDの配置場所について、背面に搭載とのリークがあったばかりですが、リーク情報で知られるベンジャミン・ジェスキン氏が、iPhone8の金型写真とともに「背面への搭載は99%ない」とコメントしました。

Touch IDの背面への搭載「99%ない」
ジェスキン氏は22日、自身のTwitter(@VenyaGeskin1)でiPhone8とみられる金型の写真を投稿しました。
先日Weibo上で公開された金型と似ていますが、同氏の写真では背面だけでなく側面、底面も確認できます。

先にリークされた金型の画像同様、iPhone8は、5.5インチサイズよりも4.7インチサイズに近い大きさに見えます。デュアルカメラは縦配置です。
側面を見ると以前から噂のある通り、電源ボタンが長くなっています。
底面はiPhone7シリーズ同様、3.5mmイヤホンジャックはないようです。
ジェスキン氏は金型の前面は投稿していませんが、Touch IDの配置について「電源ボタンまたはディスプレイ部分」としており、「背面の可能性は99%ない」とツイートしています。

Foxconnの情報をもとにしたサードパーティ製ケースも
また同氏は、iPhone8、iPhone7s、iPhone7s Plusのサイズに合わせて作られたとみられるケースの画像も公開しました。
これらはFoxconnからの情報に基づいて作られた、サードパーティ製ケースとしています。
しかしカメラが縦配置となった赤色のケース側面を見ると、電源ボタンの長さは従来のサイズと同様に見えます。

この指摘についてジェスキン氏は「ケースの電源ボタンのサイズが間違っている」と回答しているため、iPhone8では電源ボタンが長いデザインとなる可能性があります。

Source:Twitter(@VenyaGeskin1)
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21889029

2017/5/24 iPhone8、9月のリリースに向け、大規模生産の準備が進行中か

2017年秋のリリースが予定されているiPhone8について、すでに組み立てを請け負うサプライヤーのFoxconnでトレーニングが開始され、9月の発表に向けて8月から大規模生産が行われる予定との観測が浮上しています。

8月に大規模量産、9月にリリースか
iPhoneの生産計画をTwitter上で公開したのは、Apple製品に関する数々のリーク情報で知られる@OnLeakです。
同氏によれば、すでにFoxconnで量産に向けたトレーニングが始まっているとのことです。
また、iPhone8はすでに、DVT(Design Verification Test:デザイン認証テスト)の段階を先月に終え、6~7月にPVT(Process Verification Test:プロセス検証テスト)に入る手はずを整えているそうです。
このテストを無事クリアすれば、晴れてMP(Mass Production:量産)となります。最終的な大規模量産について@OnLeakは、9月のリリースに向け、8月に行う予定だ、としています。

iPhone8はスケジュール通り登場?

もし、@OnLeakの観測が正しければ、次世代iPhoneの生産スケジュールに、一部で噂されているような大きな遅延はないことになります。

同様の情報は先日も、ニュースサイトDigiTimesが、各サプライヤーがスケジュール通り動いている、と伝えていることから、信憑性が高いとみて良さそうです。
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp
S__21569565

2017/5/22 iPhoneの新たな裏技!計算機アプリがぐっと便利になる小技

説明書がなくても直感的に操作できるiPhoneですが、Appleが公表していない”裏技”のような機能も多く存在しています。
海外サイト9vrlによると、標準アプリ「計算機」にバックスペース機能が見つかりました。

よく計算機アプリ使う人は覚えておこう
iPhoneに最初から入っている標準アプリのひとつ「計算機」は、簡単な計算ができるほか、横向きにすると関数電卓になることは知られています。
しかし入力間違えや訂正したいとき、「C」キーでは入力したすべての数字が削除されるため、再度入力し直す手間がありました。

今回見つかったバックスペース機能は、文字を後ろから削除できるもので、入力した最後の1字だけを削除できます。
やり方は数字の部分を左、または右へスワイプするだけ。これで1字ずつ削除できるようになります。

続けてスワイプすると、その時入力されている最後の1字が消えます。

よく計算機アプリを活用する方はぜひ知っておくと便利な裏技ですね。

Source:9vrl
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21553204

2017/5/19 Apple、インドでiPhone5sを約26,000円で販売!低価格スマホと勝負

Appleが、インドでiPhone5sをオンライン限定の低価格モデルとして販売する、とインドメディアGadgetsNowが報じています。

iPhone5sでSamsungや中国系メーカーと勝負
Appleは、6月にインド国内でiPhoneの生産を開始し、年内にはオンライン販売を開始すると報じられていました。これまで、オンライン販売されるのは2016年春に発売されたiPhone SEが有力視されていました。
価格に敏感なインドの消費者を取り込みたいAppleは、2013年に発売されたiPhone5sを約15,000ルピー(約26,000円)でオンライン限定モデルとして販売し、低価格モデルを武器に持つSamsungや中国系メーカーに独占されているミッドレンジ市場の攻略を目指します。
なお、Appleはインド国内ではiPhoneシリーズの半分強をオンライン販売する計画と言われており、これは業界平均の3割程度と比べてかなり高い比率となります。
一方、実店舗ではiPhone SEが最廉価モデルとなり、価格は約20,000ルピー(約35,000円)となると報じられています。

整備済み中古品の販売計画は政府が難色
Appleは当初、整備済みの中古品を低価格で販売したいと考えていましたが、海外から中古品が流入することを嫌うインド政府の承認が得られず、iPhone5sを低価格モデルとして活用することを決めた模様です。
インドで現在、約18,000ルピー(約3万円)で販売されているiPhone5sは、インド国内で販売されるiPhoneシリーズの20%を占め、一定の人気を獲得しています。
iPhone5sの価格を約2割引き下げることで、中国に続く成長市場であるインドでiPhoneユーザーを増やす戦略が当たるか、注目が集まります。

Source:GadgetsNow
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21495811

2017/5/17 お値段18万円!フランク・ミュラーのiPhoneケースが登場

スイスの高級時計メーカーFRANCK MULLER (フランク・ミュラー)が、ブランド設立25年を記念し、iPhone専用ケース「FRANCK MULLER JACKET –for iPhone6/6S/7」を発売しました。

ビザン数字を大胆に配置したデザイン
機械式腕時計で知られるフランク・ミュラーは、アンティーク腕時計に使われていたビザン数字をデザインに取り入れているのが特徴的なブランドです。
今回発売するiPhone専用ケースにもビザン数字を大胆に配置。背面のAppleロゴを隠すように、ビザン数字の1~12が立体的にデザインされています。ケース右上の「9」の部分には「FRANCK MULLER」と彫られています。

素材は頑丈なスーツケースでも使用される高級アルミ合金A6061-T6で、サイズは146.95mm×77.15mm、厚み13.7mm、重さは60グラムとなっています。削りだし加工のため、サイズや重量には個体差があります。ケース本体のほか、専用六角ネジ、六角レンチが付属し、これを使用して取り付けます。
カラーは、シャンパンマット、ロゼマット、シルバーマット、ブラックマットの4色で、対応機種はiPhone6、iPhone6s、iPhone7、本体価格は180,000円(税込み194,400円)となっています。
4月20日より先行販売、5月1日より一般販売を開始し、フランク・ミュラーの直営店および一部の取扱店のほか、ソフトバンク銀座、ソフトバンク六本木、ソフトバンク表参道、ソフトバンク名古屋、ソフトバンクオンラインショップで購入可能です。
なかなか手が出ない価格となっていますが、フランク・ミュラーの名に恥じない重厚さと遊び心が融合したケースでiPhoneを彩ってみてはいかがでしょうか。

Source:FRANCK MULLER
[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__2147945_R

2017/5/15 iPhone 8に『AirPods』が付属

iPhone 8には完全ワイヤレスイヤホン『AirPods』が付属する、という予測が報じられています。

iPhone 8にAirPods付属、実現の可能性は?
イヤホンジャックが廃止された『iPhone 7』の発表前から同様の噂はありましたが、実現はしませんでした。現在、AirPodsは別売りの製品として税別16,800円で販売中です。
投資会社JP Morganのアナリストによる予測では、有線イヤホン『EarPods』の代わりにこのAirPodsがiPhone 8に付属する、としています。
ただしこの予測について、Apple製品の噂を扱う大手サイト『9to5Mac』は否定的です。
9to5Macは、AirPodsは出荷に6週間を要する品薄状態が続いているので、AppleはiPhone 8の出荷の足かせになるようなことはしないだろう、と指摘しています。
iPhone 8自体にも製造に技術的な課題が多く、発売が例年の9月よりも遅くなるという噂もあります。

一方で別の大手サイト『Mac Rumors』は、iPhone 8は11万円以上の値が付くとも噂されているのでAirPodsが付属する可能性もある、と分析しています。

iPhone 8でステレオスピーカー・防水性能の強化も
JP Morganのアナリストは、iPhone 8で受話口に何らかの強化が施される、とも予測。これにより、ステレオスピーカーや防水性能が向上するとしています。
iPhone 7では、本体下部のスピーカーと受話口が連動してステレオスピーカーとして機能するようになっています。受話口の強化によって音量や音質が向上するかもしれません。
受話口は浸水の経路になりやすいので、より液体に強い構造にすることで、iPhone 8の防水性能をiPhone 7のIP67からIP68へレベルアップさせることも考えられます。

[店舗住所]
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 伏見駅東改札口前

[HP] http://iphonepro.jp/

[お電話での合わせ] TEL 052-740-5566

[メールでのお問い合わせ] info@iphonepro.jp

 

S__21479429